HOME>Information>群馬県立伊勢崎興陽高等学校「食科系1年生」インターンシップ体験
2021.12.10

  • お知らせ
  • 地域の方

群馬県立伊勢崎興陽高等学校「食科系1年生」インターンシップ体験

12月10日(金)に群馬県立伊勢崎興陽高等学校「食を科学する系列」1年生45名が来校し、インターンシップの体験を行いました。今回は栄養士に必要な「安心・安全・衛生」をテーマに、汚染度、洗浄度を計測するATP測定器及び手洗いチェッカーを活用し、「見えない細菌の見える化」を行いました。各グループで学んだ内容・気づいたこと事をワークシートにまとめて発表しました。
共用パソコンのキーボードの菌を清掃前・後で採取し、汚染度・洗浄度を計測しました。その結果から「普段使っているものは予想以上に汚い⁉」と感じて清掃をこまめにしようと感想を述べてくれました。
また、手洗いチェッカーの結果から、傷やマメがあると汚れが取れにくいことを見つけ、表面に凹凸があるのか、それとも平らなのかの違いが洗浄力に影響を与えることに学びを発展させました。

食に関わることを学習している生徒さんたちは、改めて衛生管理の重要性について学ぶ機会となりました。

 

 

一覧に戻る

ページトップへ

TOP

オープンキャンパス